日産の軽自動車SOSコール(ボタン)が普通自動車へ搭載されるのはいつ? 

軽自動車として初となる日産デイズのSOSコール(ボタン)ですが、普通自動車につけることはできないのか?普通自動車のオプションとしてはいつ頃を予定しているのでしょうか?





日産デイズ・フルモデルチェンジ販売



日産自動車は、軽乗用車『デイズ』をフルモデルチェンジし、3月28日より販売を開始しました。


発売6年目にして初のフルモデルチェンジとなる新型デイズのボディカラーは2トーン4種類、モノトーン13種類の全17種類のバリエーションを用意で、価格は127万3320円〜177万8760円です。


その『デイズ』ですが、いま最も世間の注目が集まっているのが、先進事故自動通報システム「SOSコール(ヘルプネット)」


このSOSコールがオプションとしてつけることができ、しかもこれは軽自動車として初設定ということ。


SOSコールとは?

SOSコールは、ボタンを押すとコールセンターとつながり、あおり運転を受けた時にはGPS(全地球測位システム)で車の現在地を把握してオペレーターが警察につなぎ、事故でエアバッグが開けば自動的に緊急通報するシステムも搭載します。


これに関してネット上でも様々な意見が飛び交っています。


ネットでの声








このSOSコールですが、現在はまだ軽自動車のみで、普通自動車によるオプションは無いようです。


普通に希望の声が上がっているので、時間の問題だとは思いますが、まずは「あおり運転」の被害に合うことが多いというデータもある軽自動車からはじめて、様子をみるようですね。


関連記事



日産のSOSコール(ボタン)のオプション値段(価格)、搭載する場合の注意点とは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です