千と千尋の撮影スポットの海岸は私有地!?下灘駅近くの海に沈む線路

愛媛県にある無人駅、下灘駅は近くの海岸にある海に沈む線路ととものロマンの極みとして、観光客やインスタグラマーに人気のスポットですが、この近くの海に沈む線路が私有地であり、実はそこの所有者が、観光客が無断で私有地に立ち入り、線路の上で撮影することに非常に迷惑しているということが話題になっています。




下灘駅が千と千尋のスポットとして人気

愛媛県伊予市にある、下灘(しもなだ)駅は、数多くの映画やCMに登場し、JRの「青春18きっぷ」のポスターにも起用されるなど、人気の高い撮影スポットとして知られています。






海に沈む線路のある海岸

下灘駅付近には、海に沈む線路があり、その幻想的な風景に人気のスポットとなっていますが・・・・




海岸の海に沈む線路は船舶修理の道具


実はこちらは観光スポットでもなんでもなくて、単に私有地で、海岸の海に沈む線路は船舶修理の道具なので、所有者の方はとても迷惑されているとのこと。


インスタ映え観光客が無断撮影


毎日100人が訪れゴミを放置。

さらには、仕事道具である線路を踏まれ撮影されていることに注意をすれば逆ギレされる事態に・・・・汗。

無断撮影のみならず、ゴミもそのまま放置していかれては迷惑どころの話じゃありませんね。


千と千尋のモデル地として迷惑





ネットの声














まとめ

確かにとても綺麗な場所で、いってみたい気持ちになるかも知れませんが、やはり私有地は私有地です。進入禁止の看板もあるわけですから、そこは節度をわきまえて、せめて遠くから眺めるくらいにしておきたいところ。

ただし、迷惑駐車によって迷惑されている事情もあるようですので、そこに住んでいる方々のことも考えつつ、そして私有地には立ち入らないように!ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です